ブレッソンの世界

e0088650_21252597.jpg

LeicaM3 DR Summicron50mm

伝染性ライカ病を研究してみたと思います。

0、ライカ病感染(潜伏期間)
2万円の新品同様のIROOAを見つけて、「安い!」と心底思ってしまう。
ライカ病を感染した兆候である。一般的物価を考えれば、あんなモノが
2万円するはずが無いのである。それを安いとは。。。

1、ライカ病ミーハーシンドローム
「有名」なレンズやボディを買い求める特徴的な症状が発病。
典型的に、Summicron35mm8枚玉を買い求める傾向にある。
Elmarit28mm 1st、Summilux35mm、Summicron50mm、
Summilux50mmの1st or 2ndを買い求める傾向にある。

2、ライカ病マイノリティシンドローム
「人が使っていない」レンズやボディを買い求めるのが特徴的な症状。
レンズならNoctilux、Elcan、Super-Angulon21mmを買い求める
傾向あり。ボディならM5を買い求める可能性が高い。
ミーハーシンドロームの闘病後期に併発するパターンが多いのも特徴。

3、ライカ病レアシンドローム
これはマイノリティシンドロームに似ているが、症状はそれに比べて
深刻である。人と違えば満足できるマイノリティシンドロームとは違い、
純粋にレアなレンズやボディを(主にレンズ)買い求める症状である。
言い換えれば買い尽くさない限り満足する事は無いということである。
スクリューマウントのHektorやThambar90mmあたりを購入したら、
ほぼ発病したと考えた方が良い。ビゾソレックスを入手したあたりで、
ほぼ完治する見込みは無いと言っても良い。ビゾフレックスと
Telyt280mm, 400mmを組み合わせて使い始めた場合は、
できるだけ早く隔離治療を施す事をお薦めする。家族への悪影響は
計り知れない。

4、ライカ病コレクターシンドローム
8枚玉を3本以上持っていたら、これを発病している。
またコレクターシンドロームを発病している人はM4のブラックペイントを
2台以上持っている事が多く、ミントコンディションのM2内ギザを所有し、
それを外に持ち出す事は、ほぼ無い(多くて年に2回位か?)。
多くの患者はシリアル番号から製造年を割り出し、シリアル番号で
ロット情報を把握している。よってシリアル番号から、ブラックペイントが
後塗りなのかオリジナルなのかがわかるのである。

なんちゃって。。。
[PR]
by minoruman | 2006-09-09 21:51
<< 赤坂 LeicaM4 Summ... セット >>